Category: ゲーム論考

ポケモンとジバニャン

ポケモンGOをプレーしている人って結構年齢層高いよね。
それを見てポケモンを飽きずに作り続ける任天堂は偉いなぁと思ったわけです。

子供向けのゲーム屋といえば他にレベル5があるわけです。 ジバニャンでおなじみの妖怪ウォッチ作ってる会社ね。

以前お絵かき先生ボランティアに行った先の子供が面白いこと言っていて
「っち レベルファイブか・・・」 というニュアンスの会話があったんです。
なにかというと、イナズマイレブンのファンだったのだけど、シリーズをパタっと止めてしまっておおいにご立腹だという話し。
「私を裏切った前科のあるメーカーなんだから、妖怪ウォッチなんか手をだしませんよ」という。
レベルファイブは割りとシリーズものを作ってはパタっと止めるを繰り返してるんです。
イナズマの前はレイトン教授シリーズ。 これもイナズマのブームをもってしてパタっと止めた印象があります。

これを繰り返すのはあまり得策じゃくて、くだんの子みたいに「裏切られた」という極端に悪い印象でなくても、ファンからするといい印象はもたないと思うわけ。
これがそのまま大人になると「あの印象の悪い会社ね」となってしまうわけ。
大いによろしくない。

じゃぁ任天堂みたいに続ければいいじゃない。 と言っても実はそこまで簡単ではないと思うわけ。
Continue reading

ゲーム批評「RODEA THE SKY SOLDIER~3DS体験版~」

カドカワとプロペが共同開発して誕生したアクションゲーム。

一言で言うと「支離滅裂」です。

プロモーションを眺めるとRPG要素が濃いように見えるのですが、これは王道路線のアクションです。

3ステージ分を梱包したDL体験版で三日ほど遊べました。
そこを考えるとオイシイ体験版ですね。

最初は一本道で、広大なフィールドに「けだるさ」を感じましたが、ゲームも中盤にさしかかると遊び方を理解しだして、なかなか爽快にテンポ良く遊ぶことができます。

僕はもともと、マップの隅から隅まで順を追って探索しないと気がすまないタチなんで、ゲームのスタート時点でちょっとつまずいたんでしょうね。探索系ゲームプレーをするヒトには序盤は頭の切り替えがツライかも。
マップの隅から隅まで探索してもなにもないので、やがてあきらめますが。

Continue reading