シン・ゴジラみてきました。微妙だ。なぜ?

シン・ゴジラ見てきました。 かなり遅いですが。

周辺から伝聞するに面白いと聞いていたのですが、実際に見てみると意外と面白くなくて驚き。
後ろの席にいるちっちゃい女の子が開始10分で「かえりた~い」と言っていたのに共感したのである。

よく出来ていて面白いんだけど、でも「つき合わされている」感じがあって見てて疲れたんですね。

前情報で初代ゴジラリメイクというのは聴いていて、それには反感がなかったわけです。
「あ、そうなんだなぁ」というくらいで。
でも実際に見てみると物足りなさがありますね。

今までのゴジラシリーズの延長をやりたかったわけじゃないのは理解できるんです。
じゃぁ「ゴジラ初対面ナウ」を今やりなおすのに初代ゴジラのリメイクでとどまっていいのかといえば「それは違う」と思う。 それはハリウッドでやったわけで。 映像技術的にも予算的にもそれ以下の日本で焼きなおすには苦しいと思うのです。

映画前半の、謎の巨大生物に対する政府の対応の遅さとか、自衛隊の市街地戦闘に対する法的な問題点やら日米関係の問題とかとかとか・・・・
ゴジラ映画をみにきたお客さんとしては興味が薄いことだから、ぱぱっとやっちゃってもよかったんじゃないかな? とか思う訳です。
ぱぱっと永田町まで焼け野原にしてしまってもOKじゃない? だってゴジラが何者かは理解しているわけで。 ゴジラを理解してないのは子供たちだから、その子たちに「ゴジラヤバイ」というのを早々に植えつけてあげれば、その後の展開が一緒にわくわくできるんじゃないかなと。

ゴジラの倒し方にも物足りなさを感じていて「地味」なんですよ。
だってゴジラ映画ですよ?
ウチのオカンだって見て帰ってきた僕に「ゴジラはなにと戦ったの?」と聞いて来たわけで、そこで「いやぁ、最後にエヴァンゲリオン出てきてさ」といえれば一つ笑いがとれるから、そういう判り易さがほしかったなと。

だってゴジラ映画って子供と一緒に見に行くものじゃないですか。
電車爆弾とか、血液凝固ドリンクとか、あってもいいけどワキ役なんじゃない? こういうのはマニアが楽しむところで、決着をつけるのは誰でも判って話題にできるくらい単純なものでよかったんでないかなと思う。

見終わって、こう考えてると僕はもっとハデでハチャメチャ感のあるものがほしかったんだろうなって思う。
東京タワーを壊したりスカイツリー壊したり、国会議事堂壊したり、きぐるみが燃えて木っ端微塵になったり。
あれ? それって昔はよかったっていう会話かい?
でも怪獣映画なんだから「ハデでハチャメチャ」でいいじゃないと思うんです。
庵野監督の映画なんだからハデさは求めちゃアカンでしょとも思うけど、「XXの監督が作った映画なんだから○○な感じで見るべき」っていう見かたをしないと楽しめないのは疑問なわけです。

ゴジラを食い物で例えるとポテトチップスとかタコヤキなわけで。
間違っても懐石料理とか高級フレンチではないのね。
スーツ着て高級車でお店行って、正座してじっくり味わうなんてありえなくて。
オープンカー乗り回して食いカスを撒き散らしながらムシャムシャ行く、そういう

ジャンクさが足りない!!

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>